月曜から夜ふかし|歌舞伎座がオープンしたので歌舞伎について知りたい件

<SPONSORED LINK>


関ジャニ∞村上信五とマツコ・デラックスの2人がMCを勤める「月曜から夜ふかし」の2013年4月15日放送「歌舞伎座がオープンしたので歌舞伎について知りたい件」の中で歌舞伎の面白さが紹介されていました。

月曜から夜ふかし|歌舞伎座がオープンしたので歌舞伎について知りたい件

月曜から夜ふかしで、世界無形遺産に指定されている日本古来の伝統芸能・歌舞伎についてがテーマでしたが、どうやら日本人はあまりみたことがないようです。

 

月曜から夜ふかし

出典:月曜から夜ふかし 公式ページ

 

政府の調査によると、歌舞伎を観たことがある日本人は総人口のわずか5.3%

 

ほとんどの国民は歌舞伎に興味がない問題

月曜から夜ふかしでは珍しい、ちょっとためになる初めての歌舞伎講座が開かれました。

 

初めての歌舞伎講座 1|歌舞伎は1年中やっている

歌舞伎は1月ごとに1つの演目を行うので、年間12公演。一公演につき25日間ほど上演。突然デートで行こう!ってなっても、たいていの日は観られるというわけです。

初めての歌舞伎講座 2|古典の演目には古典と新作がある

歌舞伎には古典歌舞伎と新作歌舞伎がありますが、ストーリーがわからない初心者の人は、主役の屋号で選ぶのがおススメだそうです。

屋号とは、役者一門の愛称のようなものです。

成田屋

現在のトップは、市川海老蔵さん(11代目)。成田屋の作品は、歌舞伎の王道中の王道。歌舞伎がわかる人は、成田屋です。

 

高麗屋(こうらいや)

現在のトップは松本幸四郎さん(9代目)。高麗屋は、歴史上の人物や親分を主役にしたものが得意で、男らしい世界が見たい人におススメ。

 

中村屋

かつては中村勘三郎さん(18代目)が率いていた一座。現在は、息子さんの中村勘九郎さん(6代目)・中村七之助さん(2代目)が継いでいます。中村屋は、時代に合わせた新作歌舞伎が得意で、歌舞伎の初心者なら中村屋です。

 

松嶋屋

京都を本拠地と。片岡仁左衛門さん率いて、上方歌舞伎の伝統を守っています。

 

音羽屋(おとわや)

寺島しのぶさんの父・尾上菊五郎さんが率いています。

 

萬屋(よろずや)

中村屋の親戚筋。中村獅童さん。

 

澤潟屋(おもだかや)

香川照之さんが市川中車を襲名。

 

それぞれの特色を屋号ごとにもっているよです。

 

初めての歌舞伎講座 3|歌舞伎はカジュアル

  • 歌舞伎を鑑賞するときの服装は自由
  • 料金は座席によってピンキリ
  • どの席でも飲食可能

一番上の一幕見席(ひとまくみせき)は1000~2000円とリーズナブル。ただ、当日窓口で購入しなくてはいけないので、行列ができるほどの人気っぷり。ちなみに、関ジャニ村上さんクラスには、桟敷席(さしきせき)がおススメだそう。掘こたつになっていて、約20000円。

幕の内弁当は歌舞伎が発祥で、一幕目と二幕目の間に食べるから幕の内という名前がついたそう。

 

初めての歌舞伎講座 4|歌舞伎に慣れたら大向う(おおむこう)

大向うとは、芝居中の役者に屋号の「よっ、成田屋!」など声をかけることで、拍手の代わり、激励の声ということです。
この大向うを専門にしている人がいます。しかも、驚いたことにスカウト制。この大向うにスカウトされた人は、大向うの会の会員となって劇場無料パスがもらえます。ただ、どれだけ声をかけてもお金はもらえません。

大向うは、誰でもしてOKですが、暗黙のルールがあります。

  1. 基本的には男性が大向う
  2. 役者さんが舞台に登場するシーンは「屋号」
  3. 名台詞には「待ってました!」「屋号」
  4. 恋愛ものの歌舞伎で特にシリアスな場面では「ご両人!」
  5. 普段演じない役どころを見事に演じきった役者には「大当たり!」
  6. その役をやらせたら「今お前が一番だ!」という意味で「当第一」

 

素人が大向うをやるなら、この大向うのプロが言った後についてくるのが1番だそうです。決まったときは、言ったこちらも気分があがりますね。

 

 

 

 

<SPONSORED LINK>