月曜から夜ふかし | 左利きの大変さを知ってもらいたい件

<SPONSORED LINK>


嵐の二宮&マツコの夜ふかし。で始まった3/26(火)放送の「月曜から夜ふかし」でゲストの嵐:二宮くんが左利きだから(?!)なカード「左利きの大変さを知ってもらいたい件」が面白かったので、まとめてみました。

月曜から夜ふかし 左利きの大変さを知ってもらいたい件

 月曜から夜ふかし左利きの大変さを知ってもらいたい件で、左利きの人は器用・天才が多いというイメージがあるといわれていました。

実際に、歴史上の天才と言われる人たちのなかで、左利きだった人は以下の通りです。

月曜から夜ふかし
出典:月曜から夜ふかし 公式ページ

 

  • レオナルド・ダヴィンチ
  • ベートーヴェン
  • エジソン
  • アインシュタイン
  • ビル・ゲイツ

 

なるほど。

天才の中の天才ばかり。やっぱり左利きに生まれたほうがいいのかと思いきや、天才たちにも悩みは多いそう。

 

月曜から夜ふかし 左利き苦悩

 

  1. 電話(受話器のコードがジャマ)
  2. スマートフォン(人差し指が右手に当たる)
  3. 写真撮影(シャッターボタンは右側なので押しづらい)
  4. ファミレスのスープバー(お玉は右利き用なので注ぎにくい)
  5. 缶コーヒーを飲むとき(プルタブの缶を開けづらい)
  6. 缶切り(缶切りを使いこなすのは不可能)
  7. 立ち食い蕎麦屋(隣の人に肘がぶつかってイヤな顔をされる)
  8. カレーライス(食べやすいように食べると前半はご飯ばかり)
  9. カレーライス(    〃     後半にルーだけが残る)
  10. 自転車(スタンドを倒すときはわざわざ回り込む)
  11. ビデオカメラ(ビデオカメラを扱うことはほぼ不可能)

 

・・・と、左利きは案外大変らしいです。

二宮くんは、はさみの刃が逆になっているから左手で使うと切れなかったり、ドラマ「拝啓、父上様」で割烹の料理場は右利きの人が順番に調理していくとじゅんぐり1周したときに料理ができあがるようにできているらしく、苦労したそうです。

小さい頃に左利きを直したほうがいいのか、直さないで天才肌のままでいたほうがいいのか、月曜から夜ふかしで検証してみてほしいですね。

 

 

月曜から夜ふかし 公式サイト

月曜から夜ふかし|日本テレビ

<SPONSORED LINK>