マツコの知らない世界で紹介|キッチン家電ジャーナリスト溺愛の冷蔵庫「東芝 ベジータ」

<SPONSORED LINK>


マツコの知らない世界まだまだ物欲がとまらないSPで、キッチン家電ジャーナリストの神原サリーさんが溺愛していると紹介してくれた冷蔵庫「東芝 ベジータ」を紹介します。

tosiba-bejita

キッチン家電ジャーナリストの神原サリーさんが溺愛していることもさることながら、実は筆者の使っている冷蔵庫も東芝さんの冷蔵庫なんです。だから、自分の家電選びに間違いはないと、なんだか嬉しかったです(笑)

さて東芝の冷蔵庫ベジータは、野菜室が冷蔵庫の中央にあることが最大の特徴です。(写真だと、1番上の引き出しです)

他社は冷却機と省エネの関係で野菜室が一番下になってしまっているんですが、唯一東芝のベジータは独自の技術で中央に野菜室を持ってきても省エネができる構造になっています。重いキャベツや白菜をかがんで取り出すのは大変ですし、知らない間に野菜が下に隠れて腐ってしまうこともありますよね。

中央に野菜室があることで、こんなにもとりやすいの?!とびっくりします。

 

あと、東芝のベジータは1番上の扉がボタンをタッチするだけで簡単に開けるので、両手にものを持っていても肘でちょっと押せば簡単に扉を開くこともできるんですよ。

また、2段目の右の引き出しは、生のままのカット野菜を下茹でなしで冷凍できるようになっているので、今まで少しずつ困っていたことが全部解決できるスーパー冷蔵庫です!

東芝 ベジータの購入はこちらからどうぞ

<SPONSORED LINK>