袋麺戦争第2弾!日清 ラ王

<SPONSORED LINK>


スーパーやネットショップで売り切れが続出する事態にまでなっている袋麺戦争。前回は 東洋水産「マルちゃん正麺」を紹介しましたが、第二弾は、日清「ラ王を」紹介します!

raou

2012年8月27日発売開始時は関東など一部地域での発売にもかかわらず、売り切れ続出。ネットで探すもほとんど入荷と同時に完売状態。そして、2013年3月25日、ついに袋麺「ラ王」の全国販売が開始されました!

日清 ラ王の味と麺

日清「ラ王」の味はシンプルに2種類。

  1. 味噌味
  2. 醤油味

どちらもしっかりした濃いぐらいの味。筆者は、ラ王袋麺の味噌味におろしにんにく+バター+コーンをトッピングして食べるのが定番になりました(笑)そして一番感動したのは麺!!「まるで生めん」というキャッチコピーどおり、麺が本当にお店のコシ。 1杯800円ほど出して食べるお店のラーメンと、400円ほどで購入して調理したら王袋麺は全然変わりません。

味噌か醤油かということは、ラ王に関してはどちらも美味しいですが、アレンジがしやすいのは味噌ですね。

ここまで袋麺が進化したのは驚きです。筆者、800円のお店の1杯よりも、おうちの400円に大ハマリして、ラ王袋麺をネットで箱買いしました(笑)

日清 ラ王が値段のないラーメン屋で提供された映像はこちら

日清 ラ王を購入するならこちらからどうぞ

<SPONSORED LINK>