ただのノートが家電になった!CamiApp S(キャミアップ エス)の紹介!

<SPONSORED LINK>


コクヨのデジタルノート「CamiApp S(キャミアップ エス)」は紙のノートに書いた内容をそのままデータ化してくれる最先端家電。ノートの進化はここまで来たのか!と驚きましたので紹介します。

CamiApp Sとは?

CamiApp S(キャミアップ エス)

(出典:CamiApp Sアマゾン販売ページ ※以下同様)

CamiApp Sとは、ノートブックタイプデジタルノートで、
チェックするだけでクラウド連携できる最先端ノートです。

手書きで書いた文字を文字認識機能のセンサーが読み取って
デジタルデータにしてくれるので
手書き文字をデジタルデータへと書き写すことが必要なくなるという
魔法のようなノート家電ですね。

 

カメラやスキャナー撮影よりも便利なデータ化

カメラやスキャナーを使って、
手書きで書いた文字情報をデータとして保管したほうが早いんじゃない?と
思われるかもしれませんが、
実際にはこちらのほうが格段に手間を削減できます。

理由はテキストデータに勝手に変換してくれるからです。

CamiApp S(キャミアップ エス)

テキストデータに変換されることで、
手書きで書いた内容であったとしてもテキスト検索が出来るので、
もう一度見たいと思ったノートが直ぐに見つけられるから
写真で撮影しただけのメモよりも、断然使い勝手が良いのです。

 

各種クラウドサービスと連携

ちなみにこちらのCamiApp Sは、
エバーノートやドロップボックスなどのクラウドと連携していますので、
一旦アップロードしておけば、
自宅でも会社でも、カフェにいても
見つけたい情報を瞬時に見つける事が出来るのも特徴と言えます。

 

文字認識精度は高いので安心

なお、文字認識の精度はどれくらいか?というと、
約80%程度とのことです。

Kis-My-Ft2のOLクラブでは、
スタッフが走り書きしたデータを読み込んでいましたが、
割としっかりとデジタルデータ化されていました。

一部間違えていたものもありますが、
テキストデータになっているから、
その部分を上書きしてあげるだけですので、
手書きとは違って修正も簡単です。

手書きで書いたメモをテキストデータに直す機会が多い方は、
是非チェックしてみてください。

 

 

 

 

 

<SPONSORED LINK>